【プリウスPHV】電気で走るの?ガソリンで走るの?

プリウスPHVに限らず、プリウスシリーズや他のハイブリッドモデルはガソリンエンジンと電気モーターの両方で走ることができるものです。

そもそもハイブリッドモデルというのはEVの開発過程で生まれたもので、EVの航続距離の短さをカバーするために作られていました・・・というか、トヨタにEVを市販車両として作る技術と勇気がないのです。

EVを作れないわけではありませんが、航続距離が短いものしか作れない、航続距離が短ければ、きっと売れないだろう、売れない車を作るのは危険だ、それならEVベースの航続距離の長い車を作ろうとして生まれたのがハイブリッドモデルなのです。

要するにEVの妥協策として作れたのがハイブリッドモデルであるということです。

しかし、トヨタはそのようなことは言いません、なぜなら自社の技術力のなさ、販売においての勇気のなさを露呈させるだけだからです。

そこでハイブリッドモデルを最先端のエコカーとして宣伝広告を打ち、政府のエコカー減税、エコカー補助金を巻き込んで、布教活動を始めたのです。

それで生まれたのが現在のハイブリッドカーの位置づけです。

ですので、ハイブリッドカーというのは、ガソリンエンジンでも電気モーターでも走ることができるわけです。

ただ、できるだけエネルギー効率を高めようとして、なるべく電気モーターによる走行ができるようにしたいのですが、物理的に小さなバッテリーしか搭載できないことからハイブリッドモデルでは限界が出てきてしまうので、そこで自らが発電するためにエンジンを始動するのではなく、外部から充電する機能をつけて、エンジンの始動率を低くしましょうということで作られたのがプラグインハイブリッドモデル、要するにプリウスシリーズでいえば、プリウスPHVなのです。

プリウスPHVのエンジン駆動と電気モーター駆動の割合は、バッテリーの容量が大きくなっていること、朝一番であれば、万準電にすることができるということから、プリウスよりは電気モーター駆動の時間が長くなります。

例えば、エンジン駆動と電気モーター駆動を比率で表すと、エンジンしか搭載していないモデルでエンジン駆動が10、電気モーター駆動が0ということで10:0とするとして、EVは逆に0:10になるわけです。

ハイブリッドモデルといってもいろいろなハイブリッドシステムが存在するため一概には言えませんが、スズキのハイブリッドシステムが9:1程度、ホンダのハイブリッドシステムが7:3程度、トヨタのTHS-IIを搭載するプリウスで6:4程度で、このプラグインハイブリッドモデルのプリウスPHVで5:5ぐらいとなります。

外部充電ができ、バッテリーが大きくされてもエンジンの活動時間は意外と長く、EV走行ができる時間や距離は相変わらず短いようです。

たとえば休日に家族で日帰りで遊びに行ったとします。

前の晩から外部充電をして、朝にはバッテリーが満充電となります。

朝起きて車に乗りこんで出発するときは、ほぼEVと同じでバッテリーの電気を消費して電気モーターで走ります。

カタログ上では60㎞以上の距離をバッテリーだけの電力で走ることができることになっていますが実走行ではその半分がいいところで、30㎞ぐらいしか持ちません。

ということは目的地に着くまでにはバッテリーが無くなり、そこからエンジンによる充電やエンジンのアシストが始まるわけです。

目的地に着く前にプラグインハイブリッドのメリットはすべて消化し、ここからはプリウスと同じようにハイブリッドモデルとしてガソリンを消費しながら走るわけです。

その後、目的について遊んで、帰ってくるわけですが、その間もハイブリッドモデルと同じ機能で走ります。

これを見てもわかるかと思いますがプラグインハイブリッドだ何だといっても結局はエンジンに頼ることが多いため、思ったほどメリットはありません。

「朝一だけEV、途中からハイブリッド」

これがプラグインハイブリッドのプリウスPHVの機能です。

良質のプリウスPHVを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うプリウスPHVを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったプリウスPHVが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったプリウスPHVを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。


Topics